第二新卒・既卒 求人情報・募集 業界別採用動向

職種別採用動向  弊社保有求人情報  【中途・第二新卒・既卒】

営業職 求人・採用動向

企業には 「製造部門 ・営業部門 ・経理部門 ・総務部門 ・人事部門」 などがありますが、その中でも会社の商品・サービスを販売する 「営業」 は会社の命運を左右する重要な部署です。

営業担当者は、一般的に設定された 「売上目標」 を担い、営業方法を決定、顧客を調査・選定した後に、顧客担当者と直接会って商談をします。商談成立後は、「納品 ・代金回収 ・アフターケア」 といった仕事があります。

営業 には大きく分けて、固定の得意先と取り引きする ルートセールス新規顧客開拓 とがあり、規模の大きな会社ではそれぞれ担当者が分かれています。 後者は特にリスクが伴うので、事前に社内の調査部などと連携して 「相手企業の経営状態」 等について綿密な情報収集 を行います。 そのような 「リスク管理・債権管理」 をも営業担当者の仕事の一部となる企業もあります。

生活と収入

給与は、転職される企業は勿論、取り扱う商品などによっても大きく異なりますが、【メーカーやその販売会社】 の営業担当者の場合大半が 『固定給』 です。 成績が達成目標以上になれば、「歩合給」 を加算したり、「特別なボーナス」 を支給する企業もあります。勤務時間や労働条件も千差万別ですが、顧客が企業なので一般的には勤務時間は規則的で、休日もカレンダー通りのことが多くなっています(生保・不動産等の営業を除く)。

昨今は、営業職の 「年功給」 の割合を減らし、その分を 『業績給』 に回す企業も多くなっています。そのため、「同期・同年齢層でも数割の年収差」 が生ずる場合も あります。逆に、営業職が安心して「目先の業績目標」 だけに左右されない 『顧客企業との優良な信頼関係構築』 に取り組めるよう、「十分な基本給を保証」する考えの企業 もあります。その方が結局 「長期的な会社の成長・繁栄」 に繋がる、と考える企業です。

企業の 「営業職への待遇」 に対する考え方 については、事前に十分ご確認ください。

求められている資質

相手を引きつける熱意・個性 と 自己管理能力

見込客を直接訪問して商品・サービスを売るので、まず 【人を引きつけられるだけの個性や熱意】 があることが第一条件です。 もちろん、【商品についての十分な知識】【転職後それらをいち早くインプットする姿勢】 は、自信を持って営業を進める上で欠かせません。 また、「前向きな姿勢や行動力」 「社交性」 「少しのことではくじけない強さ」 なども必要です。 【歩合制】 においては本人が 「事業主」 になるので、自身で目標を立てていく 「計画性」「自己管理能力」 も求められます。

しかし、営業職で高業績を上げる方々が全て 「明るく社交的」 な訳ではありません。「寡黙な方」 「静かな方」 の方が寧ろ大きな信頼を顧客から得ていることも多くあります。 結局は、顧客から信頼を得られるだけの 【人間性】 が全てです。

転職・就職状況

企業活動を支える営業担当者は、どの企業でも有能な人材を求めており、他の職種と比べて転職・就職先は多い と言えます。 歩合制の場合、募集は年間を通じて行われていることが多いようです。しかし最近は 「少数精鋭志向」 で採用する傾向 にあります。 また、製薬会社の医薬情報担当者(MR) など、女性の進出も目立ってきています。

今後の求人動向展望

営業力でものを売る時代に

近年では各企業の技術格差が縮まり、商品の差別化が難しくなっています。そこで必要になってくるのが、商品の技術的知識や用途を熟知しており、 顧客のニーズに応じて的確なアドバイスのできる コンサルティングセールススキル です。 特に 「IT(機器)関連分野」 ではこうした営業方法が主流になってゆくと思われます。

一方、昨今はインターネットによる電子商取引 が増えており、将来は 「従来のようなスタイルの営業担当者を必要としない業種」 が増えてくることも考えられます。

企画職 求人・採用動向

企画から開催までイベントを総合的に管理

企業の販売促進キャンペーン、博覧会、自治体のフェスティバル、見本市、スポーツ大会 など各種のイベントを企画し、 その準備・管理・開催までを請け負うのが イベントプランナーです。

「規模の大きな国際的なイベント」 などの場合は、複数のイベントプランナーが窓口となってそれぞれの持ち場を担当します。 イベントの企画が確定すると、まず情報を収集したり現地視察をしたりして、イベントの目的に最もふさわしい演出方法を検討 します。 そして、「会場作り」 から 「パンフレットなどの制作物」、「会場内の音響や照明、美術効果」、「宣伝・PR」 に至るまでを 総合的にプロデュース していきます。

生活と収入

所属する企業によるが高収入の可能性

イベントプランナーは、広告代理店イベント企画会社などに勤務している場合が多く、給与は所属する会社によって様々です。 例えば広告代理店の場合、大手ならば収入は高水準となりますが、中小代理店では一般企業以下の水準のところもあります。 フリーで活躍しているイベントプランナーはまだ少ないと思われますが、大きなイベントを手がければかなりの収入が見込めます。

求められている資質

旺盛な好奇心 と リーダーシップ

イベントプランナーには 【お祭り好きで好奇心旺盛な人】 が向いています。そして、【いろいろなことを同時に進められる管理能力【多くの人を動かすリーダーシップ も求められます。さらに、「音響・照明・美術」 など 【イベントに関連するいろいろな分野に詳しいこと】 も条件となります。 一方、人々の期待にこたえるイベントを演出するには、【常に新しいものを追い求める前向きな姿勢】【鋭い時代感覚】 も欠かせません。

転職・就職状況

転職・就職先 は主に 「広告代理店」「イベント企画会社」 などで、その他はまだ少数ですが 「地方自治体の広報室」 などがあります。 フリーで活躍しているイベントプランナーの数はまだ少ないとみられますが、今後国際的なイベントが増えてくることが予想され、 広告代理店などで経験を積んで実力をつければ独立するチャンスは大いにあります。

今後の求人動向展望

イベントを仕切れる人材の育成 が求められている

世間の注目を集めるイベントは、企業や自治体にとって、その存在をアピールしたりメッセージを伝える格好の手段です。 景気も回復傾向にあるため、今後は各地でより活発にイベントが開催される と思われます。 日本では、本当の意味で 【総合的にイベントを仕切れるイベントプランナー】 が不足している と言われています。 経験を積み実力をつければチャンスは大きく広がってゆくでしょう。

求人・転職 ページTOPへ
中途採用 第二新卒 既卒求人 ― 東京 HOME